【道具なしでレギュラーコーヒーを楽しむ方法】ピンチはチャンス


  間違ってレギュラーコーヒーを買ってきた夫


我が家はモノが少ないです。はたのんママもパパも片付けが苦手なので、用途の限定された物がたくさんあると、部屋がしっちゃかめっちゃかになります。だから、新しいものを購入する前に、ほかのもので代用できないかと必死で考える癖が身につきました。

さいきんのひらめきは、コーヒーフィルター。きっかけは、夫が間違ってレギュラーコーヒーを買ってきたことです。お湯を入れるだけで飲めるインスタントコーヒーじゃなくて、豆を挽いた粉そのものを買ってきたのです。はたのんママが「本格的なコーヒーに目覚めたのか?」と指摘するまで、夫は間違えたことにも気づいていませんでした。「このコーヒーはお湯に溶けにくいなあ」と思いつつ、硬い粉をガリガリ噛みながら飲んでいたそうです。

(・∀・) 細かいことを気にしないスタイル。鈍感力がすごい。夫の良いところ。


  美味しいレギュラーコーヒーを求めて


とりあえずレギュラーコーヒーの飲みかたを調べました。我が家にはレギュラーコーヒーを飲むための道具がありません。仕方ないので、自作することに。キッチンをガサゴソすると、茶こしが発見されました。茶こしにキッチンペーパーをしいてはどうかとの結論に。さっそく実験です。

ふたつ並んだコーヒー

画像提供:photoBさんによる写真ACからの写真

実験結果。美味しいコーヒーができた。プロの味とは違うかもしれないけども、十分美味しいコーヒーです。レギュラーコーヒーは、茶こしとキッチンペーパーで楽しめます。パパの間違いをきっかけに、我が家はレギュラーコーヒー派になりました。良い香りがします。


  レギュラーコーヒー実験失敗例


先ほどは成功例を書きましたが、成功の影には、失敗例もあります。我々が、初めに試したのは、キッチンペーパーに包んで、紅茶のようにコップに入れる方法。お湯を注いで観察。どうやら、そのままだと抽出されない様子。スプーンで持ち上げると、コーヒーらしい色が出始めました。何度か続けていると、いつものコーヒーの色に。

(・∀・) 良い感じだ、できたー

と喜んだのも、つかのま。口にすると、間違いなく失敗の味でした。初めに飲んだ夫が「苦くない」というので、コーヒーの美味しい部分だけを抽出できたんだなと微笑んで、はたのんママも飲んでみると(ん?)の味でした。苦くはないけども、コーヒーの味もしないのです。ちょっと黒い湯です。キッチンペーパーから抽出されたであろう、紙の味がします。ティッシュを噛んでしまったときに感じる紙の味。失敗。

レギュラーコーヒーが、紅茶のように小分けに包まれた状態で売られていないのには理由があったんだなあ。と、夫とふたりで納得しました。


  実験に失敗はつきもの


人生は実験の連続です。成功する日もあれば失敗する日もある。失敗も楽しめる人間になりたいです。自分自身が失敗の連続人生を送っていると、息子二歳の失敗にも寛容になれるような気がします。どんどんチャレンジして、どんどん失敗して、そのうち成功したら良いのだ。挑戦大事。

スポンサーリンク